「MacBook Pro (2018)」の第3世代バタフライキーボード内の薄い膜はゴミの侵入を防ぐためのもの

先日、「MacBook Pro (2018)」の第3世代のバタフライキーボードのキートップ下にはシリコン製の膜が採用されている事が明らかになっていましたが、この膜はホコリの侵入を防ぐために導入されたものであることがAppleの内部文書より明らかになりました。

これはAppleが正規サービスプロバイダに公開した内部文書から明らかになったもので、同社は正規サービスプロバイダに対し、キーボードのキーキャップ下にはバタフライ構造にゴミが侵入するのを防ぐための薄い膜が入っていることを案内しています。

また、スペースキーの交換方法が以前のモデルから変更されていることも案内しています。

なお、第3世代のバタフライキーボードでタイピング音が静かになったのはこの膜が理由の一つだとみられています。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。