次期「iPhone」シリーズの一部モデルはやはりデュアルSIM・デュアルスタンバイに対応??

次期「iPhone」シリーズは5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと、6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルの計3モデル構成になると噂されていますが、中国の21財経が、複数の情報筋の話として、次期「iPhone」シリーズのうち2つのモデルが”DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)”をサポートすると報じています。

どのモデルがDSDSに対応するかは書かれていないものの、中国向けのモデルは2枚のSIMカードを搭載可能で、その他の国向けのモデルはApple SIM(eSIM)と従来のSIMカードスロットを利用して2つのSIMを管理可能とのこと。

この話の信憑性は不明ですが、以前に、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、次期「iPhone」シリーズの6.1インチモデルと6.5インチモデルがデュアルSIMをサポートすると報告していました。

次期「iPhone」シリーズ、6.1インチの液晶搭載モデルはデュアルSIM対応か

4 COMMENTS

匿名

ミンチー氏てKGI証券辞めたんだっけ?
今後のリークは期待できないのか。

匿名

この話題も毎年恒例になっていますね。
がっかりしないように、話半分に受け止めるのが正解でしょうかね。

匿名

どうせ国内モデルはsimフリー以外オミットされるよ。
キャリアがDSDSやDSDVを嫌ってるからね。

現在コメントは受け付けておりません。