次期「iPhone」シリーズの一部モデルはやはりデュアルSIM・デュアルスタンバイに対応??

次期「iPhone」シリーズは5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと、6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルの計3モデル構成になると噂されていますが、中国の21財経が、複数の情報筋の話として、次期「iPhone」シリーズのうち2つのモデルが”DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)”をサポートすると報じています。

どのモデルがDSDSに対応するかは書かれていないものの、中国向けのモデルは2枚のSIMカードを搭載可能で、その他の国向けのモデルはApple SIM(eSIM)と従来のSIMカードスロットを利用して2つのSIMを管理可能とのこと。

この話の信憑性は不明ですが、以前に、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、次期「iPhone」シリーズの6.1インチモデルと6.5インチモデルがデュアルSIMをサポートすると報告していました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。