次期「iPhone」シリーズ、6.1インチの液晶搭載モデルはデュアルSIM対応か

Appleが今秋に発売する次期「iPhone」シリーズは5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルの3モデル構成になると噂されていますが、Apple関連の情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuoが、6.1インチモデルはシングルSIMモデルとデュアルSIMモデルが用意されるようだと報告していることが分かりました。

6.1インチモデルの価格はシングルSIMモデルが550〜650ドル、デュアルSIMモデルが650〜750ドルになると予測しており、デュアルSIMモデルについてはデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)をサポートし、中国市場などでのシェア拡大に向け投入されるものとみられています。

また、6.5インチの有機EL搭載モデルもデュアルSIMをサポートするものの、5.8インチの有機EL搭載モデルはサポートしないそうです。

なお、6.1インチモデルの量産はデュアルSIMモデルの追加が最近決定された為、5.8インチと6.5インチの有機EL搭載モデルよりも3〜5週間遅れて開始されるものとみられています。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。