LINE、車内向けAIアシスタント「Clova Auto」を発表 – 今冬発売のトヨタの新型車から対応へ

本日、LINEが、2018年冬より発売予定のSmart Device Linkに対応したトヨタ自動車の新型車から順次、LINEのAIアシスタント「Clova」が利用可能となることを発表しました。

「Clova Auto」は、車載機と「Clova」を連携し、「Clova」が車の空間で利用できるサービスで、運転中に「Clova」が利用可能となることで、ドライブをしながら家の電気を消す、目的地の天気を調べる、LINEメッセージの受送信、LINEの無料音声通話、LINE MUSICで音楽を聴くといったことが、音声によって、クルマを停止しスマートフォンを見ることなく実現可能になります。

また、車載ディスプレイ、ハンドルの音声認識ボタンとも連携することで、さらにドライブに集中して操作ができるようになるとのこと。

なお、「Clova Auto」はトヨタから開始する予定で、2018年冬よりトヨタから発売予定の新型車で、対応した車載機を選択されたユーザーが利用可能になります。

ニュースリリース

3 COMMENTS

匿名

なめとんのか。やることはそこじゃないから
drive px2やらんかい

匿名

トヨタは昔から国産に拘るからなあ。
しかしLINEと組むとは思わなかった。

現在コメントは受け付けておりません。