Apple、2019年に新型「AirPods」やオーバーイヤー型ヘッドホンを投入か

Bloombergが、事情に詳しい複数の関係者の話として、Appleはオーディオ機器戦略を強化する方針で、来年にもワイヤレスイヤホン「AirPods」の高性能機種やスピーカー端末「HomePod」の新製品、スタジオ並みの高音質のオーバーイヤー型ヘッドホンを投入する計画のようだと報じています。

新型「AirPods」は騒音を低減するノイズキャンセリング機能や耐水性を備え、Appleは「iPhone/iPad」と「AirPods」間の通信可能距離の延長を目指しており、耐水性は雨や汗から機器を守ることが主な目的とのこと。

新型「AirPods」は2019年に投入予定で、現行モデルよりも価格は高くなる見込み。

また、Appleは、ヘルスケア関連機器の提供を拡大するために、将来の「AirPods」に心拍モニターなど生体認証センサーを追加することも内部で議論しているようです。

更に、オーバーイヤー型ヘッドホンも投入する計画で、ボーズやゼンハイザーの高級モデルに対抗したモデルとなっており、BeatsではなくAppleブランドとして投入される模様で、早ければ来年の発売を目指しているそうです。

スポンサーリンク