iPad用アプリ「Swift Playgrounds」上で利用可能なファミコンエミュレーター「Delta Lite」が登場

Swiftのコードの書き方を学べるiPad用アプリ「Swift Playgrounds」で「NES(ファミコン)」のゲームをプレイ可能なアプリ「Delta Lite」が公開されました。

「Swift Playgrounds」は前述した通りSwiftのコードの書き方を楽しくインタラクティブな方法で学べるiPad用アプリですが、サードパーティーの作成したコンテンツやレッスンを購読出来るようにもなっており、「Delta Lite」はその仕組みを利用したものとなっています。

「Delta Lite」のベースになっている「Delta」は、ファミコン(NES)、スーパーファミコン(SNES)、ゲームボーイアドバンス(GBA)、ゲームボーイ(GB)、NINTENDO64などに対応したiOS向けエミュレーターアプリで、「Delta Lite」は基本的に「Delta」と同じコードを利用しており、セーブ機能やチートコードなどの標準的なエミュレーション機能をサポートしています。

ただ、「Delta」の大部分はSwiftではなくC++で書かれており、移行プロセスが難解であることから、「Delta Lite」はファミコンのみのサポートとなっているようです。

「Delta Lite」の導入手順は下記の通り。
(注:実際にプレイするにはROMを用意する必要があります)

  1. App StoreからiPadに「Swift Playgrounds」をダウンロード/インストール
  2. こちらのリンクをiPadからタップ(Swift Playgroundsが起動)
  3. “購読”をタップ
  4. 「Delta Lite」の”入手”ボタンをタップ

なお、「Delta Lite」の開発元はプレイグラウンド(Delta Lite)の使用を追跡出来る為、気になる方はむやみに購読しないことをオススメします。

[via Delta Lite, RedmondPie, iGen

スポンサーリンク