Apple、ノルウェーで「Apple Pay」のサービスを開始

現地時間6月20日、Appleが、ノルウェーでモバイル決済サービス「Apple Pay」の提供を開始しました。

同国でのサービス開始については、5月初めに開催された業績発表の際にティム・クックCEOが明らかにしていましたが、本日より正式に利用可能になり、ノルウェーではNordea Bank ABとSantander Bankが「Apple Pay」に対応しています。

なお、「Apple Pay」の現在のサービス提供国は、米国、英国、オーストラリア、カナダ、シンガポール、スイス、香港、フランス、ロシア、中国、日本、ニュージーランド、スペイン、台湾、アイルランド、イタリア、デンマーク、フィンランド、スウェーデン、アラブ首長国連邦、ウクライナ、ブラジル、ポーランド、ノルウェーとなっています。

また、9To5Macによると、チェコでも今年8月から利用可能になるようです。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。