「iOS 12 beta 2」での変更点

本日、開発者向けに「iOS 12 beta 2」がリリースされましたが、9To5Macが、「iOS 12 beta 2」での変更点を公開しています。

「iOS 12 beta 2」でこれまでに分かっている変更点は下記の通り。

「Podcats」アプリ

・現在再生中のチャプターの再生中インジケーターが表示されるように

「ボイスメモ」アプリ

・スプラッシュ画面が新しく

「設定」アプリ

・「スクリーンタイム」の設定項目で新しいスプラッシュ画面が表示されるように

その他

・ステータスバーの位置情報使用中のアイコンのデザインが少し丸みを帯びたデザインに
・iPadに非対応のアプリを起動すると「iPhone 6」のユーザーインターフェイスで表示されるように
(これまではiPhone 4だった)
・「時計」アプリから「Watch」アプリのタイムトラベルの参照が削除されている
・「Face ID」でスキャン時のメッセージが変更
・「写真」アプリの「メディア」及び「アルバム」のフォントサイズが大きくなった

なお、9To5Macには「iOS 12 beta 2」のリリースノートも掲載されており、不具合の修正箇所なども掲載されているので、是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。