【更新】「Facebook Messenger」のiOS向け公式アプリが頻繁にクラッシュする不具合 − 修正版はまもなくリリース予定

Facebookが6月15日付けで「Messenger」のiOS向け公式アプリをアップデートし、最新版のバージョン170.0をリリースしましたが、同バージョンではアプリが頻繁にクラッシュする不具合が多数報告されている事が分かりました。

問題例の1つでは、最初は問題なく開くことが出来るものの、別のアプリに切り替えた後に戻ってくるとアプリがクラッシュする他、通知をタップしてアプリに移動する際にもクラッシュすることがあるそうです。

Facebookの広報によると、同社はこの問題を認識しており、既にAppleに対し修正版のバージョン170.1を提出済みとのこと。

「Messenger」を普段から良く使う方でまだバージョン170.0にアップデートしていないユーザーは、すぐにバージョン170.1がリリースされるので、アップデートは少し待った方が良さそうです。

【UPDATE】
その後、バージョン170.1がリリースされました。

Messenger – Facebook, Inc.
 

[via The Verge

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。