次期「iPhone」シリーズのものとされる新たな図面が登場

Forbesが、次期「iPhone」シリーズの図面とされる画像を公開しています。

公開されたのは6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルの図面で、6.5インチモデルのサイズは縦157.2ミリ、横幅77.1ミリとなっており、5.5インチの液晶を搭載した「iPhone 8 Plus」の158.4×78.1ミリよりも僅かに小さくなっています。

次に6.1インチモデルのサイズは縦147.12ミリ、横幅71.52ミリとなっており、「iPhone X」の143.6×70.9ミリより僅かに大きくなっています。

また、ノッチがあり、シングルレンズカメラが採用されています。

なお、これが本物かは不明で、先日に流出した図面とは両モデルとも少しだけサイズが異なっています。

次期「iPhone」シリーズの比較レンダリング画像や図面など

5 COMMENTS

taisy0

ご指摘有難うございます。
早速修正させて頂きました。

匿名

結局se2は無かったことになりそうだな。分かってたことだが。

匿名

6.1インチモデル
simカードスロットの場所変更されてるよね
現行のモデルと比べて位置下がってる

現在コメントは受け付けておりません。