次期「iPhone」シリーズの比較レンダリング画像や図面など

Appleが今年発売する次期「iPhone」シリーズは、5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと、6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルの計3モデル構成になると噂されていますが、昨日付でロシアのWylsacomが、これら次期「iPhone」シリーズのレンダリング画像を公開しています。

上記画像がその3モデルを並べたレンダリング画像で、左から5.8インチモデル、6.1インチモデル、6.5インチモデルとなり、全てのモデルでノッチ(画面上部の切り欠き)が採用されるとみられています。

また、下記は背面のレンダリング画像で、5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルはデュアルレンズカメラを搭載し、6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルはエントリーモデルという位置づけからか、シングルレンズカメラになるとみられています。

なお、同サイトでは6.1インチモデルと6.5インチモデルの図面とされる画像も公開しており、そのサイズを現行モデルなどと比較したものが下記の通りです。

次期iPhoneの6.1インチモデルとされる図面

次期iPhoneの6.5インチモデルとされる図面

各iPhoneのサイズの比較

 高さ厚み
iPhone X143.6㎜70.9㎜7.7㎜
iPhone 8138.4㎜67.3㎜7.3㎜
次期iPhone(6.1インチ)150.91㎜75.72㎜8.32㎜
iPhone 8 Plus158.4㎜78.1㎜7.5㎜
次期iPhone(6.5インチ)157.53㎜77.41㎜7.68㎜

[via MacRumors