次期「iPhone」シリーズの6.5インチモデルのディスプレイ解像度は1242×2688ピクセルでほぼ確定か

BGRが、同サイトのアクセスログを調査した結果、次期「iPhone」シリーズの6.5インチモデルとみられるデバイスからのアクセスがあった事が分かりました。

そのデバイスの解像度は414×896ピクセルとなっており、「iPhone X」と同じ3倍スケーリングでの解像度は1242×2688ピクセルになります。

この1242×2688ピクセルという解像度は、今年1月にBloombergが6.5インチモデルの試作機のうちの1つのディスプレイ解像度であることを報じており、次期「iPhone」シリーズの6.5インチモデルの解像度は1242×2688ピクセルでほぼ間違いないようで、アスペクト比も「iPhone X」と同じ2.165:1になります。

なお、このデバイスからのアクセスは5月に2度記録されていて、「iOS 12」を搭載している事が分かっており、Appleは5月頃から同モデルの試作機の実地テストを行っているものと予想されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。