次期「iPhone」シリーズの6.5インチモデルのディスプレイ解像度は1242×2688ピクセルでほぼ確定か

BGRが、同サイトのアクセスログを調査した結果、次期「iPhone」シリーズの6.5インチモデルとみられるデバイスからのアクセスがあった事が分かりました。

そのデバイスの解像度は414×896ピクセルとなっており、「iPhone X」と同じ3倍スケーリングでの解像度は1242×2688ピクセルになります。

この1242×2688ピクセルという解像度は、今年1月にBloombergが6.5インチモデルの試作機のうちの1つのディスプレイ解像度であることを報じており、次期「iPhone」シリーズの6.5インチモデルの解像度は1242×2688ピクセルでほぼ間違いないようで、アスペクト比も「iPhone X」と同じ2.165:1になります。

なお、このデバイスからのアクセスは5月に2度記録されていて、「iOS 12」を搭載している事が分かっており、Appleは5月頃から同モデルの試作機の実地テストを行っているものと予想されています。

次期「iPhone」シリーズではゴールドカラーが復活か ー 6.5インチモデルはデュアルSIM対応の可能性も