次期「iPhone」シリーズではゴールドカラーが復活か ー 6.5インチモデルはデュアルSIM対応の可能性も

本日、Bloombergが、複数の関係者の話として、次期「iPhone」シリーズに関する新たな情報を報じています。

次期「iPhone」シリーズは、「iPhone X」の後継モデルとより大型の6.5インチの有機ELディスプレイを搭載したモデル、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルの3モデルが投入されると言われていますが、大型のモデルについては、Appleの内部では「D33」というコードネームで呼ばれており、試作機のうちの1つは画面解像度が1242×2688となっており、本体サイズは「iPhone 8 Plus」とほぼ同じサイズになるようです。

また、「iPhone X」の後継モデルの内部コードネームは「D32」と呼ばれており、現行モデルよりもより高価な有機ELディスプレイ技術を採用する予定で、上述した大型モデルと共に「A12」チップが搭載され、新たにゴールドモデルが用意される可能性もあるそうです。

更に、大型モデルでは、一部の地域でデュアルSIMカードに対応するオプションを提供することも検討されているようで、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルについては、ワイヤレス充電に対応するために筐体はガラス製になるとも報じられています。

なお、Appleはこれら新製品について既にサプライヤーと試験を実施しており、今秋に発表される予定です。

3 COMMENTS

匿名

日本ではデュアルsimは出さないんだろうなあ。キャリアに都合悪いものは出ないのがお約束。

もぐもぐ

FUCK the 総務省!! FUCK! FUCK!
FUCK the JAP!! FUCK ! FUCK!

現在コメントは受け付けておりません。