Apple、「macOS 10.4 Mojave」で「どこでも My Mac」の機能を廃止か

先日、「macOS 10.4 Mojave」のベータ版が開発者向けにリリースされましたが、「macOS 10.4 Mojave」では「iCloud」の「どこでも My Mac」機能が廃止される可能性が出てきました。

「どこでも My Mac」とは、「iCloud」の一機能で、複数のMacコンピュータのネットワークを設定して離れた場所からアクセスできるようにする機能で、リモートのMacにあるファイルやフォルダをローカルのMacにドラッグできる「ファイル共有」やリモートのMacを遠隔操作できる「画面共有」といった機能が利用可能です。

「macOS 10.4 Mojave beta 1」では「システム環境設定>iCloud」にあった「どこでも My Mac」の項目が削除されており、「macOS 10.4 Mojave」では同機能が廃止されるものとみられています。

廃止になる理由は不明ですが、あまり人気がないことが主な理由ではないかと予想されています。

ただ、まだベータ版の為、もしかしたら正式リリースまでに復活する可能性もあります。

「どこでも My Mac」の設定と使い方 – Apple

[via iPhoneHacks

1 COMMENT

匿名

Macじゃないと操作できないから手元にあるMacで事足りるという話になるんだよなぁ。
職場(自宅)のWindowsから自宅(職場)のMacの操作なら需要は高いと思うけど。
iCloud Drive と Handoff を推奨するんだろうな。

現在コメントは受け付けておりません。