「iOS 12」では「AirPods」でもライブリスニング機能が利用可能に

MacRumorsTechCrunchによると、「iOS 12」では「AirPods」で「ライブリスニング(Live Listen)」機能が利用可能になっている事が分かりました。

同機能をオンにすることで「AirPods」を補聴器のように利用できるもので、騒がしいレストランでも連携している「iPhone」をテーブルに置き、「AirPods」を装着すれば「iPhone」が相手の声を聞き取り「AirPods」に届けてくれます。
(補聴器を完全に置き換えるものではありません)

なお、同機能は「設定>一般>アクセシビリティ>聴覚サポート>MFiヒアリングデバイス」から設定することで利用可能です。

アクセシビリティ – Apple

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。