歴代iPhoneでの「iOS 12 beta 1」と「iOS 11.4」の動作比較テスト映像

本日正式に発表された「iOS 12」では主にパフォーマンスの向上に重点が置かれており、古いデバイスでもパフォーマンスの改善が期待出来るとのことですが、早くも「iPhone 5s」や「iPhone 6」などで「iOS 12 beta 1」と「iOS 11.4」の動作速度比較を行った映像が公開されました。

Appleは「WWDC18」の基調講演で、「iOS 11.4」と「iOS 12」を搭載した「iPhone 6 Plus」で比較した場合、カメラの起動速度は70%速く、アプリの起動は2倍速くなり、文字入力をする際のキーボードの表示は50%高速になったと報告していました。

動作速度の比較テストは「iOS 11.4」と「iOS 12 beta 1」を搭載し、同じ設定にした「iPhone 8」、「iPhone 7」、「iPhone 6s」、「iPhone 6」、「iPhone 5s」で行われており、Appleが基調講演で触れた「iPhone 6」(実際にはiPhone 6 Plusだが)の映像を見る限り、キーボードの表示はアプリによっては確かに高速化されているようですが、アプリやカメラの起動速度については「iOS 11.4」の方が速い場合と「iOS 12 beta 1」の方が速い場合とがあり、劇的な違いはあまりないように思えます。

各「iPhone」でのテスト映像は下記の通りですが、「iOS 12 beta 1」はあくまでベータ版でまだ最適化などが進められていない面もあることや、手動でのテストであることから誤差も考えられる為、あくまで参考まで。

iPhone 8

iPhone 7

iPhone 6s

iPhone 6

iPhone 5s

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。