「iOS 12」では「iPhone X」でのアプリの強制終了がより簡単に

本日、「iOS 12」が正式に発表されましたが、その「iOS 12」では「iPhone X」でアプリを強制終了させる方法がより簡単になっていることが分かりました。

「iOS 11」では「iPhone X」でアプリを強制終了させたい場合、マルチタスク画面を開き、強制終了したいアプリをタップ&ホールドしてから上にスワイプする必要がありましたが(マイナスボタンのタップでも可)、iGenerationによると、「iOS 12」ではタップ&ホールドを必要とせず、そのまま上にスワイプすることで強制終了が可能となっています。

その様子を撮影したものが下記動画で、より素早く強制終了させることが可能です。

【参考】
iPhone、iPad、iPod touch で App を強制終了する方法 – Apple

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな40代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。