「iOS 12」では「iPhone X」でのアプリの強制終了がより簡単に

本日、「iOS 12」が正式に発表されましたが、その「iOS 12」では「iPhone X」でアプリを強制終了させる方法がより簡単になっていることが分かりました。

「iOS 11」では「iPhone X」でアプリを強制終了させたい場合、マルチタスク画面を開き、強制終了したいアプリをタップ&ホールドしてから上にスワイプする必要がありましたが(マイナスボタンのタップでも可)、iGenerationによると、「iOS 12」ではタップ&ホールドを必要とせず、そのまま上にスワイプすることで強制終了が可能となっています。

その様子を撮影したものが下記動画で、より素早く強制終了させることが可能です。

【参考】
iPhone、iPad、iPod touch で App を強制終了する方法 – Apple

5 COMMENTS

匿名

タップホールドしてバツおさないといけないんですよ

匿名

は?
今の現状を言ってるんですよね?
タップホールドしてマイナスマークが出たら、そのまま上にスワイプすれば消えますけど?

匿名

なぜ最初からこうしなかったって気はするが。まあ改善してくれるのは良い。

現在コメントは受け付けておりません。