「iOS 12」の対応デバイスは「iOS 11」から変わりなし

本日、Appleが、開催中の「WWDC18」の基調講演において、今秋にリリース予定の次期「iOS」こと「iOS 12」を発表し、「iOS 12」の対応デバイスは「iOS 11」から変わりないことを発表しました。

「iOS 12」は安定性とパフォーマンスの強化に重きを置いており、対応デバイスは「iOS 11」と同じで、パフォーマンスについては「iPhone 6 Plus」上ではアプリの起動は40%、キーボードは50%、カメラは70%高速化されているそうです。

なお、対応デバイスは下記の通り。

3 COMMENTS

匿名

さすがに5sはいい加減厳しくないか??

匿名

あえて詳しく書かんけど
むしろiOS7並みの挙動が蘇ってて夢でも見てるのかと思ったわ。
カスみたいなカンファレンスだったけど、今までのApple旧製品のアップデートでここまでの事は無かったからまあバグバグ騒いだだけの価値はあったな。

匿名

完全に64bit化された世代なのでスペック的に問題がなければ切り捨てされないんでしょうね
ただ、来年はサポート自体が切れるので流石に切られると思います

現在コメントは受け付けておりません。