Spigen、「iPhone X」を「iMac G3」風にするケース「Classic C1」を6月中旬頃に国内でも発売へ

Spigenが、「iPhone X」を「iMac G3」風にするケース「Classic C1」を6月中旬頃に国内でも発売すると発表しました。

「Classic C1」は、1998年に発売した「iMac G3」のデザインを模した「iPhone X」用ケースで、内部が透けて見えるような作りで、ケース内側には「iMac G3」発表時に使われた「hello(again)」の文字が描かれています。

また、ケース素材は適度な柔軟性と高い耐久性をもつTPUとポリカーボネートを採用し、内側四隅に設計されたSpigenの独自技術であるエアクッションテクノロジーにより、見た目だけでなくデバイスもしっかり保護することが可能です。

なお、カラーはボンダイブルー、グラファイト、スノー、ルビー、セージの全5色で、価格は4,990円(税込)になります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。