次期「macOS」の名称は「Mojave」 「Sequoia」 「Sonoma」 「Ventura」のいずれかか

MacRumorsによると、Appleがカンボジアとフィリピンで「Mojave」、「Sequoia」、「Sonoma」、「Ventura」といった名称の商標登録を行っている事が明らかになり、「macOS 10.14」の名称がこのどれかになるのではないかと予想されていることが分かりました。

フィリピンでは「Mojave」、「Sequoia」、「Sonoma」、「Ventura」の4つ、カンボジアでは「Mojave」だけ商標登録が行われており、これら名称は下記の通りいずれも米カリフォルニア州の地名となっています。

・Mojave(モハーヴェ砂漠)
・Ventura(カリフォルニア州南部の都市)
・Sequoia(セコイア国立公園)
・Sonoma(カリフォルニア州北部の地名)

Appleはこれまで「macOS」の名称はカリフォルニア州の地名を採用してきており、今回の商標登録から次期「macOS」こと「macOS 10.14」はこれら4つの名称のうちのどれかが採用されるのではないかと予想されています。

ただ、これら名称は米国では既に2014年に商標登録が行われており、実際にどうなるのかは発表を待つしかなさそうです。

3 COMMENTS

匿名

正直もう無理して名前つけなくてもよくないか。
まあiOSに寄せて結局無くなるんだろううけど、ネコ科の時がかっこよすぎて今のは無い方がマシ。

匿名

Macの販売台数で数%程度もない日本語圏ユーザーの
ネーミング感覚なんてそりゃ考慮しないでしょー

匿名

そもそも開発コードネームだったのを一般に公開したものだから考え方の順番が逆。

現在コメントは受け付けておりません。