MS、「Windows 10 April 2018 Update」向けに更新プログラム「KB4100403」を公開 − 東芝やIntel製のSSD搭載デバイスでの問題を修正

Microsoftが、「Windows 10 April 2018 Update」向けの累積的更新プログラム「KB4100403」を公開しました。

このアップデートにより、先日にお伝えした東芝製SSDを搭載したデバイスで発生していた互換性問題が修正される他、Intel製SSDを搭載したデバイスで発生していた問題も修正されています。

「Windows 10 April 2018 Update」にアップデートすると、東芝製SSDの「XG4」シリーズ、「XG5」シリーズ、「BG3」シリーズを搭載しているデバイスでバッテリ寿命が低下する問題が報告されていた他、Intel製SSDの「Intel SSD 600p」シリーズと「Intel SSD Pro 6000p」シリーズを搭載したデバイスではUEFI画面で再起動やクラッシュを繰り返す問題が報告されていましたが、ようやく修正となったようです。

また他にも、同アップデートにより、dGPUを搭載している特定のハードウェアでWindows Helloの登録が失敗する可能性がある問題や、タイムゾーンの関する問題なども修正されています。

なお、アップデートは「設定」アプリの「更新とセキュリティ>Windows Update」から手動でアップデート可能です。

KB4100403 (OS Build 17134.81) – Microsoft

[via Neowin, 窓の杜

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。