Fusion Driveの「APFS」対応はまもなく − Appleのクレイグ・フェデリギ氏が明らかに

「macOS High Sierra」で採用された新しいファイルシステム「Apple File System(APFS)」はFusion Driveをサポートしていないのですが、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であるクレイグ・フェデリギ氏が、まもなくFusion Driveでも「APFS」が利用可能になることを明らかにしました。

同氏は以前よりFusion Driveで「APFS」をサポートすることを明言していましたが、MacRumorsの読者がAppleに対しメールでこの件を質問したところ、クレイグ・フェデリギ氏から「まもなく」との回答があったそうです。

時期的に考えると恐らく来月の「WWDC18」で何らかの発表が行われるものと予想されます。

Appleのクレイグ・フェデリギ氏、将来のアップデートでFusion Driveでも「APFS」をサポートする事を約束

「macOS High Sierra」のAPFS、リリース当初はFusion Driveをサポートせず

1 COMMENT

匿名

この口ぶりだと次期macOSを待たずにHigh Sierraでも使えるようになるのかな?

現在コメントは受け付けておりません。