人気メールアプリ「Spark」がバージョン2.0に − メールの共同執筆機能などが利用可能に

本日、iOS向けの人気メールアプリ「Spark」がアップデートされ、最新版の”バージョン 2.0″がリリースされました。

「Spark 2.0」は、個人レベルでもグループでもメールのやり方を劇的に変えてくれる過去最大のアップデートとのことで、特定のメールやスレッドについて、招待したメンバーの間だけで相談、議論、情報共有が可能になりました。

また他にも、複数のユーザーによるメールの共同同時執筆が可能になるリアルタイム・エディタ機能や、メールやスレッドへのリンクを作成して、Slack、Skype、CRM システムなどの媒体で共有出来る機能が利用可能になっています。

更に、リマインダー、2Do、OmniFocus、Things、Wunderlist、Todoist、Asana、Trello、Bear、iOSの「ファイル」アプリなど、よく利用される外部アプリとの連携も可能です。

なお、同アプリは無料です。

Spark by Readdle – Readdle Inc.
 

スポンサーリンク