台湾TSMC、次期「iPhone」向け「A12」チップの量産を開始か − Foxconnは次期「iPhone」の生産準備を開始

工商時報によると、台湾TSMCが、次期「iPhone」向けの「A12」チップの量産を開始したようです。

「A12」チップは7nmプロセスで製造され、6月にも出荷が開始される模様で、TSMCの売上げは第3四半期(7~9月)に大幅に伸びるものとみられています。

また他にも、台湾の経済日報によると、Foxconnが、山西省大原市にある工場で次期「iPhone」の生産開始に向け、スタッフの研修を開始したようです。

[via EMSOne

3 COMMENTS

匿名

今のAppleならこの程度のリークは出てくるよね。
対してSE2は生産絡みのニュースが出てこないから眉唾なんだよなあ。

匿名

やはりSE2は存在しない可能性がありますね。
そもそも決定していないデザインのCADモデルが工場に出回るなんて考え難いですから。

匿名

いや、私は、インド製造からのリークルートがまだできてないから情報が漏れてないだけ…
という説をとります。
<iPhone SE2の情報が出てこない理由

現在コメントは受け付けておりません。