Spigen、「初代iPhone」や「iMac G3」風デザインのケースに「iPhone 8/8 Plus」用モデルを追加

先日、Spigenが、初代「iPhone」と「iMac G3」風デザインの「iPhone X」用ケース「Classic One」と「Classic C1」を発表したことをお伝えしましたが、本日、同社が両ケースの「iPhone 8/8 Plus」対応モデルを発表しました。

「Classic C1」は1997年に発売された「iMac G3」風デザインの「iPhone X」用ケースで、ケースの素材はTPUが採用されており、カラーラインナップはBondi blue, Graphite、Snow、Sage、Rubyの5色が用意されています。

「Classic One」は、「iPhone X」の外観を初代「iPhone」風にするケースとなっています。

なお、販売はIndiegogoで出資を募る形で行われており、35ドルで両ケースを購入することが可能です。

Classic C1: iPhone X case inspired by iMac G3 – Indiegogo

[via Appleちゃんねる

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。