Microsoft、今年後半に安価な10インチの「Surface」を投入か

本日、ブルームバーグが、事情に詳しい関係者の話として、米Microsoftは、「Surface」シリーズの廉価版を今年後半にも発売する計画のようだと報じています。

その廉価版「Surface」は、価格は400ドル(約44,000円)程度に抑えられ、Appleの「iPad」が強い市場に食い込みたい意向のようです。

なお、その廉価版「Surface」のディスプレイサイズは10インチになり、デザインはエッジ部分は丸みを帯びており、USB-Cポートが搭載されるようです。

また、重さは「Surface Pro」に比べ約20%軽くなると予想され、バッテリー駆動時間は9時間ほどになる見込みで、プロセッサとグラフィックスチップはIntelが供給する模様。

2 COMMENTS

匿名

OSが気になりますね。
iPad対抗なら10S(Proに無料アップデート可)になる可能性もあるかもしれませんね。
HomeのSモードはまだでしょうから。

匿名

インテル系って事はARM版ではなさそうですね。

現在コメントは受け付けておりません。