次期「iPhone SE」用とされる新たな液晶保護ガラスの写真 ー 本体サイズはほぼ変わらず、ホームボタン廃止やノッチが特徴に??

Appleは早ければ今月にも次期「iPhone SE」を発表すると噂されていますが、MobileFunというサイトが、次期「iPhone SE」用とされる液晶保護ガラスのプレス用画像や実物の写真を公開しています。

上記画像はプレス用のレンダリング画像で、フロントの全面を覆うデザインと上部のノッチ用の切り欠き、ホームボタン用の穴が無いことが特徴となっています。

下記画像はその液晶保護ガラスを撮影した写真とCAD画像ですが、サイズは121.04×55.82㎜となっており、現行の「iPhone SE」の本体サイズが123.8×58.6㎜であることから、この液晶保護ガラスが本当に次期「iPhone SE」のものであるならば、次期「iPhone SE」は現行モデルから大きくサイズが変わらない事が分かります。

また、ノッチ部分の切り欠きの幅も「iPhone X」に比べると小型化されており、一部センサーなどが省略されている可能性があります。

[via Ben Geskin

スポンサーリンク