Microsoft、Quantaと協力して自社ブランドのスマートスピーカーを開発か

MicrosoftのCortanaを搭載したスマートスピーカーはHarman Kardonから「Invoke」が販売されているものの、売れ行きは思わしくなく、苦戦している状況ですが、Microsoftが自社ブランドのスマートスピーカーを開発しているかもしれない事が分かりました。

Winfuture.deによると、MicrosoftはQuantaと協力してスマートスピーカーを開発しているとのことで、開発は初期段階のため詳細は不明なものの、Snapdragon 212プロセッサを搭載することだけ分かっているようです。

ただ、まだリファレンスボード(ICチップなどの製品を試用して評価を行うための半導体基板のこと)の設計が完了したところで、実際に発売されるとしてもかなり先になる他、もしかしたらサードパーティのプロジェクトやリファレンスデザインであることも考えられるそうです。

[via MSPU

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。