Microsoft、Quantaと協力して自社ブランドのスマートスピーカーを開発か

MicrosoftのCortanaを搭載したスマートスピーカーはHarman Kardonから「Invoke」が販売されているものの、売れ行きは思わしくなく、苦戦している状況ですが、Microsoftが自社ブランドのスマートスピーカーを開発しているかもしれない事が分かりました。

Winfuture.deによると、MicrosoftはQuantaと協力してスマートスピーカーを開発しているとのことで、開発は初期段階のため詳細は不明なものの、Snapdragon 212プロセッサを搭載することだけ分かっているようです。

ただ、まだリファレンスボード(ICチップなどの製品を試用して評価を行うための半導体基板のこと)の設計が完了したところで、実際に発売されるとしてもかなり先になる他、もしかしたらサードパーティのプロジェクトやリファレンスデザインであることも考えられるそうです。

[via MSPU

2 COMMENTS

匿名

全く猫も杓子も…という感想。
そこまで美味しい市場だとも思わないんだけど…

匿名

みんなで横並びで同じようなの出して、昔の日本の家電メーカーみたいだな。

現在コメントは受け付けておりません。