Microsoft、「Windows 10 April 2018 Update」で「Chrome」などを使用した際にフリーズする不具合を修正

本日、Microsoftが2018年5月の更新プログラムの1つとして、「Windows 10 version 1803(April 2018 Update)」向けに「KB4103721」のアップデートをリリースしましたが、同アップデートで「Windows 10 April 2018 Update」の適用後に「Google Chrome」などによりシステムがフリーズする不具合が修正されていることが分かりました。

「KB4103721」のリリースノートによると、「Windows 10 April 2018 Update」をインストールした後に、一部のデバイスがCortanaやChromeなどのアプリを使用するとフリーズしたり、動作しなくなる不具合が修正されているとのこと。

なお、アップデートはWindows Updateより可能です。

[via Softpedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。