Microsoft、「Microsoft Edge」のiOS版をアップデート ー タイムライン機能に対応

本日、Microsoftが、ウェブブラウザ「Microsoft Edge」のiOS版をアップデートし、最新版のバージョン41.14.3をリリースしました。

今バージョンでは、「Windows 10 April 2018 Update」で利用可能になったタイムライン機能に対応し、PCのタイムラインのモバイル閲覧履歴を見ることが可能になっています。

また、名前の変更およびお気に入りの移動が行えるようになった他、パフォーマンスの向上も行われています。

なお、同アプリは日本語にも対応済みで、無料で利用可能です。

Microsoft Edge – Microsoft Corporation
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。