「HomePod」、日本の技適を通過していたことが明らかに

S-MAXによると、Appleのスマートスピーカー「HomePod」が、日本の技術適合証明などの認証を取得していた事が分かりました。

総務省が公開した技術基準適合証明又は工事設計認証の2月後半の資料に、Appleの型番「A1639」という製品が2018年2月6日付けで認証を取得したことが記載されており、「A1639」は「HomePod」の型番となっています。

技適の認証をクリアしたからといって必ずしも製品が発売される訳ではないですが、国内での発売に向けて一歩前進した形になります。

なお、「HomePod」は現在はアメリカ、イギリス、オーストラリアの3カ国で発売されており、今春にはフランスとドイツでも発売されると発表されていますが、現時点で両国での発売日はまだ決まっていません。

また、先日には「HomePod」の日本での発売は2018年中は難しいかもしれないとの報道もあり、技適は取得したものの、発売はまだまだ先になるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。