Apple、Samsungに対し有機ELパネルの値下げを要求か

「iPhone X」ではシリーズ初の有機ELパネルが採用されたものの、その有機ELパネルが高価であることが「iPhone X」の価格及び売れ行きに影響していると言われていますが、本日、DigiTimesが、情報筋の話として、AppleはSamsungに対し有機ELパネルの値下げを要求しているようだと報じています。

有機ELパネルは「iPhone X」の総製造コストの約30%を占めると言われており、Appleは「iPhone X」の販売台数を伸ばすためにSamsungに対し有機ELパネルの値下げ交渉を行っているようで、有機ELパネルの単価を2017年の110ドルから100ドルに値下げすることを要求している模様。

なお、Appleは2017年に約5,000万枚の有機ELパネルをSamsung Displayから購入したと言われており、2018年は次期「iPhone」シリーズと「iPhone X」向けを合わせて最大1億枚の有機ELパネルを購入する可能性が高いとみられています。

スポンサーリンク