「Windows 10」の大型アップデートのコードネーム、2019年から変更される事が明らかに

「Windows 10」のコードネームはこれまでに「Threshold」と「Redstone」が使用されており、来秋リリース予定の次期大型アップデートは「Redstone 5」になることが分かっていますが、Windows Centralによると、「Redstone 5」のリリース後はコードネームが変更される予定であることが分かりました。

「Redstone 5」以降の「Windows 10」のコードネームは、「19H1」、「19H2」、「20H1」といった名称になり、「19H1=2019年前半」といった形で各大型アップデートのリリース時期がそのままコードネームになるようで、来年3〜4月にリリース予定の次期大型アップデートはこれまで「Redstone 6」になるとみられていましたが、新たに「19H1」と呼ばれることになります。

なお、これらコードネームはあくまでMicrosoft内部のものなので、大型アップデートのバージョン番号などに変更はありません。

4 COMMENTS

匿名

サポート期間も、最近は度々変えてきているし。
あとで変えるくらいなら、最初からそうしろよと。
ネーミング以外にも、ブレブレすぎるよね。
色々と余計な機能を大型のたびにつけすぎだし。
バグも多すぎやし。大丈夫か?マイクロソフト。

匿名

正直コードネーム如きで何をガタガタぬかしてんだって思うが
気にする奴は居るもんなんだなあ。

匿名

気にしてるんじゃなくて、ただケチつけたいだけの生活が残念な人なんですよ笑

現在コメントは受け付けておりません。