低価格の新型「MacBook 13インチ」は今年後半に登場か

Appleは今年6月頃にエントリーレベルの新型「MacBook」を発表すると噂されていますが、工商時報が、Foxconn傘下でタッチパネルメーカーの台湾GISが、その新型「MacBook」シリーズ向けの後工程モジュール(LCM)の受注拡大に成功したようだと報じています。

GISは昨年第4四半期に「MacBook」シリーズのパネルモジュールの組立を受注しており、今回、同社が受注拡大に成功したLCMは、今年投入される13インチの新型「MacBook」のエントリーモデル向けで、今年下半期(7〜12月)の出荷を予定しているそうです。

なお、これまでの情報では、同モデルの価格は既存の「MacBook Air」(98,800円〜)と同程度か少し高くなると予想されており、ディスプレイには13.3インチのRetinaディスプレイ(2560×1600ピクセル)が採用されると噂されています。

[via EMSOne

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。