「macOS High Sierra 10.13.4」はまもなく正式リリースへ ー 一部言語のリリースノートが明らかに

Appleはまもなく「macOS High Sierra 10.13.4」を正式にリリースする予定ですが、9To5Macによると、その「macOS High Sierra 10.13.4」の正式版のリリースノートのフランス語版やドイツ語版が誤って公開されていたことが分かりました。

そのリリースノートを翻訳すると下記の通り。

  • 「メッセージ」アプリでビジネスチャットをサポート(米国とカナダのみ)
  • 外部グラフィックスプロセッサ(eGPU)のサポート
  • 「iMac Pro」の一部アプリに影響するグラフィックの問題を修正
  • 「Safari」に右端の開いているタブに移動するためのキーボードショートカット「Command+9」を追加
  • 「Safari」のブックマークで名前またはURLでソート可能に(右クリックして「並べ替え」を選択)
  • メッセージのリンクが動作しないバグを修正
  • 「Safari」で選択されている場合にのみ、Webフォームのユーザー名とパスワードフィールドを自動的に入力し、機密データの保護を向上
  • 暗号化されていないWebページでクレジットカードのデータやパスワードが必要なフォームを仕様する場合に、Safariスマート検索フィールドに警告が表示されるように
  • 特定の機能によって個人データがどのように使用されるかを説明する追加情報を表示

また、リリースノートには書かれていませんが、これまでのベータ版から32bitアプリの初回起動時に互換性に関する警告が表示されるようになっていることが分かっています。

なお、「macOS High Sierra 10.13.4」の正式リリース日は不明ですが、恐らく、来週の発表イベントの前後に正式にリリースされるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。