Microsoft、AIカメラアプリ「Microsoft Pix」に「LinkedIn」との連携機能を追加 ー 撮影した名刺の情報を連絡先に追加可能に

本日、Microsoftが、同社の無償のAIカメラアプリ「Microsoft Pix」に「LinkedIn」と連携する新機能を追加したことを発表しました。

撮影した名刺の画像から、名前、電話番号、メールアドレス、URL などの連絡先情報を自動で認識し、「iPhone」の連絡先アプリや「LinkedIn」のアカウントにも連絡先情報を簡単に追加できるようになり、「Microsoft Pix」は名刺を自動的に認識し、必要なアクションを確認するようになっています。

なお、記事投稿時現在ではまだこの機能を搭載した最新版はリリースされていないようで、最新版のリリースまで少し待つ必要があるようです。

Microsoft Pix カメラ – Microsoft Corporation
 

[via Microsoft

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。