「Windows 10 S」の「Sモード」化は来年に

先月、「Windows 10 S」のSKUは将来的には単体での提供は終了となり、「Sモード」として全ての「Windows 10」で利用可能になるようだとお伝えしましたが、本日、MicrosoftのWindows担当副社長であるジョー・ベルフィオーレ氏が、このことを正式に認めました。

同氏は『来年の「Windows 10 S」は別バージョンではなく、既存のバージョンの「モード」になる』と述べており、この変更が2019年に行われることを明らかにしています。

「モード」化されることにより、ユーザーは必要に応じて「Sモード」をオフにして、フル機能の「Windows 10」を制限なく利用することが可能になるとみられています。

[via MSPU

スポンサーリンク