MicrosoftとXiaomi、クラウドコンピューティングやAI分野で提携 ー 「Mi AI Speaker」にCortana搭載へ

本日、Microsoftと中国のXiaomiが、両社のパートナーシップをさらに深めるため、クラウドコンピューティング、AI(人工知能)及びハードウェアで協力を深めることに合意したことを発表しました。

この提携では、Azureを含むMicrosoftのクラウドコンピューティング製品を利用して、Xiaomiのクラウドサービスを国際市場でサポートすることや、Xiaomiの将来の製品開発のサポート、AIサービスの共同作業などに焦点が当てられています。

また、Xiaomiのスマートスピーカーである「Mi AI Speaker」(現在は独自の音声アシスタント「小爱同学」を搭載)に、Microsoftの音声アシスタント「Cortana」を統合することも検討されており、今後数年間で急速に成長するとみられているAIベースのスピーカーに向け、より深い技術統合とコラボレーションを推進するために協力していく方針とのこと。

なお、両社は以前より提携しており、2016年にはモバイル端末での提携を拡大し、クロスライセンス契約およびXiaomiによるMicrosoftの特許買収が行われていました。

ニュースリリース(英語)

[via The Verge

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。