Apple、特定のテルグ文字で各OSのアプリがクラッシュしてしまう問題を早急に修正へ

昨日、「iOS」や「macOS」で特定のテルグ語が入ったメッセージを受信するとクラッシュしてしまうバグが報告されていましたが、Appleが早急に同問題を修正する予定であることが分かりました。

これはiMoreのRene Ritchie氏やTechCrunchによって確認されたもので、Appleは同問題を認識しており、今春にリリース予定の「iOS 11.3」及び「macOS High Sierra 10.13.4」のリリース前に、同問題を修正するアップデートをリリースする予定とのこと。

同問題は「iOS」、「macOS」、「tvOS」、「watchOS」の全てのOSに影響し、アプリ内でその特定の
文字が表示されるとアプリは即座にクラッシュし、多くの場合、アプリは再起動できず、再インストールが必要になり、Mail、Twitter、Instagram、Facebookといったアプリも影響を受けます。

なお、各OSの最新のベータ版では既に修正されている模様。

スポンサーリンク