国内携帯電話端末のメーカー別出荷台数シェア、Appleが6年連続で1位を獲得

本日、MM総研が、2017年暦年(2017年1月~2017年12月)の国内携帯電話端末の出荷台数の調査結果を発表し、総出荷台数(フィーチャーフォン及びスマートフォン)は前年比3.6%増の3,735.4万台となった事が分かりました。

携帯電話端末の総出荷台数は2012年(4,375万台)から減少が続いていましたが、5年振りに増加に転じ、スマートフォンの出荷台数は3,199.4万台で2012年を抜いて過去最高の出荷実績となり、フィーチャーフォン出荷台数は19.3%減の536万台で、3年連続での約2割減となっており、2014年の出荷台数からは半減しています。

また、2017年のメーカー別出荷台数・シェアの順位は下記の通りで、1位は2012年以降6年連続でAppleが獲得しており、その出荷台数/シェアは1558.9万台/48.7%で前年比2.0%減だったものの、2位のシャープ(479.6万台/シェア12.8%)とはまだ大差がついています。

  • 1位:Apple
  • 2位:シャープ
  • 3位:ソニー
  • 4位:京セラ
  • 5位:富士通

次に、スマートフォン市場におけるメーカー別出荷台数・シェアの順位は下記の通り。

  • 1位:Apple
  • 2位:ソニー
  • 3位:シャープ
  • 4位:富士通
  • 5位:Samsung

[出典:MM総研

スポンサーリンク