Satechi、「iMac」シリーズのディスプレイ下に装着出来るUSBハブ「クランプハブ Pro」のスペースグレイモデルを販売開始

本日、Satechi Japanが、「iMac」シリーズのディスプレイ下に装着することが出来るUSBハブ「アルミニウム Type-C クランプハブ Pro」のスペースグレイモデルの販売を開始しました。

「アルミニウム Type-C クランプハブ Pro」は「iMac」シリーズのディスプレイ下にあるスピーカーグリルに引っ掛けて装着するハブで、USB-Cポート(データ転送のみ)×1、USB3.0ポート×3、Micro/SDカードリーダースロットが増設可能です。

「iMac」とはUSB-Cで接続する形となっており、艶消しアルミニウム仕上げで「iMac」と調和するデザインで、対応する「iMac」は「iMac Pro」や「iMac Retina 4K」、「iMac 27インチ5Kモデル」となっています。
(USB-Cポート非搭載のiMac 27インチ 5Kでも性能は落ちるものの、アダプタを介して接続は可能)

カラーラインナップはシルバーとスペースグレイの2色が用意されており、シルバーモデルは先月より販売が開始されていましたが、スペースグレイモデルもようやく発売となりました。

なお、Amazonでの価格は5,799円となっています。

アルミニウム Type-C クランプハブ Pro(スペースグレイ)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。