「AirPods」が使用中に発煙し、爆発する事故が発生

9To5Macによると、米国で使用中の「AirPods」から発煙し、最終的に爆発するといった事故が発生したことが分かりました。

事故はフロリダ州タンパに住むJason Colon氏からの報告で明らかになったもので、男性がトレーニングジムで「AirPods」で音楽を聴きながら運動していたところ、本体から突然発煙したそうです。

発煙後は耳から取り外し、助けを呼びにその場所を離れたそうですが、帰ってくると上記写真のように爆発した状態になっていたとのこと。

この件について、Appleは既に原因を調査中とのことですが、恐らく内蔵されているバッテリーが原因とみられています。

6 COMMENTS

匿名

バッテリーが入ってる製品はみんなこういう事があるって理解して使用しなければですね。

匿名

Appleはその有り余る資産を、爆発しないバッテリー開発に費やすべきだと思うんだ

匿名

腕時計とかこれとか、肌に密着するもんにバッテリーは怖えな

匿名

どうせ単価安いところに発注したんだろうな

現在コメントは受け付けておりません。