Microsoft、「Office for iOS」の次期アップデートの新機能を発表 ー 「iPad」でドラッグ&ドロップをサポートなど

本日、米Microsoftが、「Office for iOS」の次期アップデートに関する情報を公開しました。

次期アップデートでは、Insider Preview版で先月よりテストされてきた「iPad」でのドラッグ&ドロップが正式にサポートされ、「Word」、「Excel」、「PowerPoint」の全てのアプリで、テキストや画像、その他のオブジェクトをドラッグ&ドロップで簡単に追加したり、移動したり、他のアプリにコピーすることが可能になります。

また他にも、リアルタイム共同編集機能への対応や共有ファイルのユニバーサルリンクへの対応、VoiceOverに関する改良などが行われる予定です。

なお、現時点ではまだ各アプリともアップデートは配信されておらず、近い将来にリリースされるものと予想されます。

Microsoft Word – Microsoft Corporation
 
Microsoft Excel – Microsoft Corporation
 
Microsoft PowerPoint – Microsoft Corporation
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。