Apple、「iOS」の一部新機能の導入を来年に延期か ー パフォーマンスと品質面の改善を優先

最近、「macOS」で誰でもログイン出来てしまう重大なバグが見つかるなど、Appleのソフトウェアの品質が低下してきていると言われるような事例が多々報告されていますが、同社は新機能の導入よりもソフトウェアの品質やパフォーマンスの向上に焦点を当てることを決めたようです。

これは米国の新興メディアであるAXIOSが報じたもので、Appleは2018年の「iOS」のソフトウェア計画を再編し、パフォーマンスと品質の問題に焦点を当て、一部の新機能の導入を来年まで延期するとの決定をした模様。

今月初めにソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であるクレイグ・フェデリギ氏が社内会議でその計画を発表したようで、今秋にリリースされる「iOS 12」では拡張現実機能の向上、ヘルス機能の強化、ペアレンタルコントロール機能の改善などの新機能が含まれるものの、ホーム画面やメールアプリといったコアアプリケーションのアップデート、CarPlayの改良、写真の編集及び共有機能の強化などは来年に持ち越しとなるとのこと。

[via MacRumors

【macOS High Sierra 10.13.2】「App Store」のシステム環境設定にパスワード不要でアクセス出来てしまう不具合

「macOS High Sierra」に誰でもログイン出来てしまう重大なバグが見つかる - Appleは修正に向け作業中

7 COMMENTS

匿名

マイクロソフトも似たようなことを昔してたようなwindows7で。

匿名

この前のCPUセキュリティ問題解消のアップデートかけてから、iMac5Kのファンがブンブン回るようになった。

匿名

Appleのソフト部門は昔からポンコツで有名ですけど、iOSも8あたりからポンコツですよ。
iOS8にしてる間中はずっとWi-Fiがブツブツ切れてて、9にした途端に完全に直りました。
Windowsもおかしなとこは多いですけど、Apple程ドヤ顔してないだけ許せます。
Appleはハードは優秀だけど、ソフトを軽視してリソースも割いてないようですし
今後も改善するとは全く思えませんね。

匿名

あなたの思い込みもなかなかですね。
これから改善するってニュースなのに笑

匿名

何を指して「思い込み」と言ってるのかわかりませんね。
かつての苦い記憶から「今後も期待できない」と個人的に思うのは自由でしょう。
「今後も変わるはずはない」と書けばわかりますけどね。
現に足元のMacの惨状がある訳で、ユーザーは無理にAppleを擁護しないで
もっと怒っていいと思いますよ。

匿名

正直iOS6からプツプツ切れてたよWi-Fi
ちょうどインチサイズのポリシーがブレ始めてジョブズガー死んだ翌年だからもうそこで兆候はあったんだろうけど。
そういやマップもios6からだったかw
画面だけでかくしただけでまだスワイプで戻るも付いてなかったから本当に劣化しか見当たらないOSだった。

現在コメントは受け付けておりません。