NTTドコモ、同社の映像サービスを自宅のテレビで視聴可能な「ドコモテレビターミナル」を発売

本日、NTTドコモが、ドコモの映像サービスすべてを自宅のテレビで視聴することが出来る「ドコモテレビターミナル」の販売を開始しました。

「ドコモテレビターミナル」は、ひかり回線につなげば自宅のテレビで、専門チャンネルやお好みの映画、スポーツ中継やアニメなどドコモの全映像サービスを視聴可能な端末で、Android TVを搭載し、YouTubeなど多彩なサービスやアプリも利用可能です。

【対応するドコモの映像サービス】
・dTV
・dTVチャンネル
・dアニメストア
・DAZN for docomo
・ひかりTV for docomo(2018年春サービス開始予定)

また、テレビも操作可能な多機能リモコンを付属し、リモコン内蔵マイクで音声によるコンテンツ検索ができる他、スマホ向けの専用アプリを利用するとスマホからも操作したり、外出先や家の別室から録画予約を行うことも可能になります。

更に、外付けハードディスクを接続することで、番組録画が可能で、2番組を同時録画しながら、さらに別の番組を視聴することも出来るようになっています。
(スマホ向け専用アプリと録画機能は「ひかりTV for docomo」サービス開始時に提供予定)

同製品の発売に合わせ、同製品を購入した同月内に「dTV」や「dTVチャンネル」、「dアニメストア」、「DAZN for docomo」のいずれかに新規加入すると、期間・用途限定の「dポイント」が以下の通りもらえるキャンペーンも3月31日まで実施されます。

・「ドコモ光」の新規加入・転用も同月内に行った場合:8000ポイント
・「ドコモ光」の既存契約者、未契約者:3000ポイント

なお、本体はHuawei製で、4K・HDR映像の出力にも対応しており、ドコモオンラインショップでの販売価格は1万5600円(税別)となります。

ドコモテレビターミナル
ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。