次期「iPhone SE」、ワイヤレス充電には非対応か

先日、次期「iPhone SE」が今年5〜6月頃に発売されるとの報道がありましたが、Apple関連の情報でお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、この報道に対し疑問を呈しています。

同氏曰く、Appleは今年は2種類の有機ELディスプレイ搭載モデルと、6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルを投入する予定で、次期「iPhone SE」を開発する為のリソースがないと予測しています。

昨年は「iPhone X」と「iPhone 8/8 Plus」を同時に発表したものの、「iPhone X」だけ発売が1ヶ月以上遅れてしまったのですが、同氏はこれについても開発のリソースが足りなかった為と予測しており、今年にまた同じ過ちを繰り返さないよう2,018年第2四半期に次期「iPhone SE」の開発にリソースを費やす可能性は低いと予測しています。

また、ワイヤレス充電が搭載される点についても疑問視しており、「iPhone SE」は廉価版との位置づけの為、製造コストが増えるガラスパネルやワイヤレス充電を採用する可能性は低く、同氏はマイナーアップデートになるのではないかと予想しています。

[via MacRumors, 9To5Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。