特定の状況下で「macOS Sierra / OS X El Capitan セキュリティ・アップデート 2018-001」を入れると再起動を繰り返す不具合が発生中

本日、「macOS Sierra 10.12.6」と「OS X El Capitan 10.11.6」向けに最新の「セキュリティ・アップデート 2018-001」がリリースされましたが、読者の方からのコメントやりんごが好きなのでぃすによると、ESET製のアンチウイルスソフト「ESET Cyber Security Pro」をインストールした状態で「セキュリティ・アップデート 2018-001」を入れると数分おきにMacが再起動を繰り返すという事案が発生している事が分かりました。

SoftwareUpdate

対処法は下記の通りで、「セキュリティ・アップデート 2018-001」をインストールしていない方は、AppleもしくはESET側が対応するまでは様子を見た方が良いのかもしれません。

  • ESET Cyber Security ProをアンインストールしてからAppleのSecurity Updateを適用する
  • ESET Cyber Security Proをアンインストールする前にAppleのScurity Updateを適用してしまった場合は、MacをセーフブートしてESET Cyber Security Proをアンインストールする
  • ESET Cyber Security Proの当該問題に対応したアップデータがリリースされるまでそのまま使い続ける:AppleのSecurity Update適用を保留する

(引用:りんごが好きなのでぃす

また、Appleのサポートコミュニティでは様々な情報が投稿されているので、是非参考にして下さい。

セキュリティアップデート 2018-001 10.12.6適用で再起動を繰り返す

【UPDATE】
その後、ESETと日本での代理店であるキヤノンITソリューションズがこの問題に関するサポートページを公開しました。

「macOS 10.13.3」では問題は発生しない為、現時点での対応策は「macOS 10.13.3」へアップデートするか、旧OSで「セキュリティアップデート 2018-001」をインストールしてしまった場合はセーフモードで起動し、ESETのセキュリティアプリをアンインストールするしかないようです。

ESET
キヤノンITソリューションズ

[Thanks! deepさん]

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。