次期「iPhone」はジャパンディスプレイの新型液晶「フルアクティブ」を採用か

時事通信社が、ジャパンディスプレイが開発した新型液晶「FULL ACTIVE(フルアクティブ)」が今秋に発売予定の次期「iPhone」に採用されるようだと報じています。

「フルアクティブ」はディスプレイの四方のベゼルを0.5~0.6mm幅に細くし、狭額縁化したLCDモジュールの技術及び製品の名称で、有機ELディスプレイ(OLED)に対抗する液晶ディスプレイとなっており、プラスチックを基板に採用して折り曲げられるようにした「フルアクティブ・フレックス」も今年から量産が開始される予定です。

現行の「iPhone X」には有機ELディスプレイが採用されていますが、次期「iPhone」シリーズは通常の液晶搭載モデルと有機EL搭載モデルが引き続き販売されると言われており、通常の液晶搭載モデルに「フルアクティブ」が採用されるのでしょうか。

[参考:JDI, EE Times Japan, 産経ニュース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。