「MacBook Pro」シリーズ、2018年にメジャーアップグレードはない模様

Appleの「MacBook Pro」シリーズは主に台湾のQuanta Computerが製造していますが、DigiTimesが、情報筋の話として、Appleは2018年にはFoxconn Electronicsへの注文を増やす予定のようだと報じています。

「MacBook Pro」シリーズの製造については、2017年はQuantaが79.5%、Foxconnが20.5%を請け負っていましたが、Foxconnへの比率を増やす予定で、Foxconnは2018年第2四半期(4〜6月)に大量出荷を開始するものとみられています。

ただ、Foxconnへの注文を増やしても、依然としてQuantaが「MacBook Pro」シリーズの最大のサプライヤーとして残るものとみられています。

また、「MacBook Pro」シリーズについては、2018年は大幅なアップグレードは予定されていないとも報じており、これが本当であればデザイン面などでの変更はなく、内部スペックのアップグレードのみ行われるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。