「MacBook Pro」シリーズ、2018年にメジャーアップグレードはない模様

Appleの「MacBook Pro」シリーズは主に台湾のQuanta Computerが製造していますが、DigiTimesが、情報筋の話として、Appleは2018年にはFoxconn Electronicsへの注文を増やす予定のようだと報じています。

「MacBook Pro」シリーズの製造については、2017年はQuantaが79.5%、Foxconnが20.5%を請け負っていましたが、Foxconnへの比率を増やす予定で、Foxconnは2018年第2四半期(4〜6月)に大量出荷を開始するものとみられています。

ただ、Foxconnへの注文を増やしても、依然としてQuantaが「MacBook Pro」シリーズの最大のサプライヤーとして残るものとみられています。

また、「MacBook Pro」シリーズについては、2018年は大幅なアップグレードは予定されていないとも報じており、これが本当であればデザイン面などでの変更はなく、内部スペックのアップグレードのみ行われるものと予想されます。

7 COMMENTS

匿名

CPUやらGPU周りはさっさと最新にしてほしい
いつもみたいに他社の1年遅れで搭載とか
どこが「Pro」だよって話なので

匿名

殿様商売とかじゃなく普通に考えて大風呂敷広げたDesktop製品に注力する為だろ

匿名

内部アップグレードと安定したソフトウェア開発をする年かな

匿名

Meltdown/Spectre対応がされたCPUになるまで買い換える気は起きんな

現在コメントは受け付けておりません。