「Apple Music」担当のジミー・アイオヴィン氏、Apple退社の噂を否定

先日、「Apple Music」担当のジミー・アイオヴィン氏が今年8月にもAppleを退社するかもしれないとお伝えしましたが、その後、同氏がこの噂を否定したことが分かりました。

同氏はVarietyのインタビューの中でApple退社の噂を否定し、「Apple Musicに関わってきた2年半の間で同サービスの会員数は3,000万人を超え、Beatsも成功を収めているものの、私はエディ(エディ・キュー)、ティム(ティム・クック)、そしてAppleが求めることに対し、できることを最後までやり遂げるつもりだ」と述べています。

なお、同氏はDr.Dreと共同でBeatsを創業し、2014年のAppleによる買収とともに同社に入社し、現在は「Apple Music」を担当しています。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。